西側工房

カテゴリー:Shigyo Ryal Food

パスタメイキング~!

先日デュラム粉を買うと格安で手に入れられるという言葉に誘われ、パスタマシンを手にいれた。
使う前に「洗い粉(生地)」をマシンに通して綺麗にするのだが、分量どおりにやったのに水分が多かった為、カッターの間に残った生地を取り除くのがかなり面倒で、私の中で「後片付けが面倒な物」のトップに輝いていたのだ。

本日、意を決して挑戦!
300gのデュラム粉、150gの卵、塩小さじ1、オリーブオイル大さじ1が材料。
15分間こねるのはまあ、大丈夫。(菊の形みたいになる様に、だって。肉まん程度には見えるかな~。)
ラップをして20分放置。
その間にパルメザンチーズを削るのはクリスの仕事。
それから打ち粉をして伸ばして、パスタマシンで3~4回伸ばしていく。伸びるし歪む。沢山打ち粉をしないとくっつくのでクリスの応援を頼んだ。私が一人でやれるのは何時の事か…?

いよいよカッターに通すのだが、細いのは初心者には大変そうなのできしめんの様なフェットチーネ。適当な長さをハサミで切っていき、ここでもたっぷり打ち粉。

100g位ずつ測ったら何と、4個の予定が5個出来た!
一日冷蔵庫に置く方がもちもち感が増して美味しいらしい。が、すぐ食べたい私達はレトルトのソースを温め、湯を沸かし2食分を茹でた。あとの3食はタッパーに入れ冷蔵庫へ。

パスタだけのランチなのでボリュームが少ない気もしたが、味は「想像していたより美味しい!!!」もちもちっていうよりプリプリ。作るのに比べて食べるのは何て速い!

打ち粉を沢山したおかげで、恐れていたよりも汚れが少なく機械の掃除も楽々。

初回は上出来なパスタメイキングだった。めでたし、めでたし。

– YS 2014年10月3日

Yaemi Shigyo, 2014年10月04日

Copyright © 2010–2014 C.F. Ryal & Y. Shigyo | Powered by WordPress