西側工房

カテゴリー:網膜剥離日記

網膜剥離入院から3年

お盆が過ぎ、外は衆議院選挙運動まっ最中なのだ。
夏バテなのか、ストレスなのか体力と気力が抜けていく。ああ〜イカン!

そして、網膜剥離の入院から3年経過。
よく「右目の具合はどう?」と聞かれる。
気にしていただくのは有難いと思いつつ、「大丈夫よ〜!」と明るく答えられない自分にも困る。

歪みや色みの違い(青みがかって見える。)は左目でカバー出来るので、慣れた。
目障りではあるが飛蚊症も、慣れた。
けれども左下が塞がれたような視野の狭さは、どうしても慣れない。
左右の焦点の違いも、慣れない。
見えるのだからヨシとしないと、とは思うが苛立ってしまうのだ。

ただ、右目の光視症は回数が少なくなってきた気がする。
時々見える光は左上方にホワ〜っと浮かんで消える。位置が変わったのだ。

良くも悪くもドラマチックな変化はない。
きっとそうあるべきなのだろう、ネ。

追加:今日はクリスと知り合った国へ向かった(着いた)日でもある。

– YS, 2009年8月22日

Yaemi Shigyo, 2009年08月22日

Copyright © 2010–2014 C.F. Ryal & Y. Shigyo | Powered by WordPress