英語翻訳チェック

英語でのコミュニケーションに役立つ様々なサービス

英語の翻訳が適切かつ自然であり、間違いがないことを確認したい場合に選択してください。

サービスとは?

翻訳チェック(「ネイティブチェック」とも呼ばれます)では、日本語から英語への翻訳を注意深く見直し、文法、スペル、語法のエラーをチェックします。 また、翻訳が自然な英語であるかどうか、およびその目的に適しているかどうかも評価します。

元々英語で書かれたテキストをチェックするには、英文校正・改善を参照してください。

日本語から機械翻訳のポストエディットについては、対訳チェックを参照してください。

それは何のため?

このサービスは主に英語を母国語としない人(つまり、日本語を母国語とする人)による翻訳に使用されます。 また、あらゆる種類の翻訳の二重チェックサービスとしても役立ちます。 (なお、機械翻訳のポストエディットについては、対訳チェックが必要です。)

料金

最低料金:3,000円

基本料金:7円/単語

プロジェクトベースの請求は、長期間にわたって複数のドキュメントを含むプロジェクト(書籍や複数のフォーム等)で利用できます。

納品

通常、1,000ワードあたり1営業日で翻訳チェックを見積りますが、これはお客様のニーズと私のスケジュールによって変動する大まかなガイドです。 見積り・ご注文の際は、遠慮なさらずにお届け希望日をご相談ください。

一部のドキュメントは内容によっては更に時間がかかります。

状況によっては、急ぎの納品が可能な場合があります。

営業日は祝日を除く月曜日〜金曜日です。

営業時間は日本標準時9時〜17時です。

技術的な詳細

ほとんどの場合、チェック対象翻訳はMicrosoft Wordファイル(または複数のファイル)で受け取ります。 また、翻訳の日本語原文(WordファイルやPDFなど)も受け取る必要があります。 チェックした翻訳を変更履歴付きのMicrosoft Wordファイルとして返します(変更履歴に慣れていない場合は、こちらにトレーニングドキュメントがあります)。 ExcelファイルやPowerPointファイルも使用できます。 それらには変更履歴がないため、強調表示または異なる色を使用して変更を示すことができます。

営業フロー

法人のお客様の場合

照会

見積もり

見積もりの確認

見積もりの承認

作業

納品

請求書発行

支払い

支払いは、オンライン又は日本の銀行振込をご利用いただけます。

選択された方法に従って、請求書と支払い情報をお送りします。

支払い期限は、請求日の翌月の最終営業日です(オンライン支払いは30日以内)。

経理課で特定の請求書フォーム等が必要かどうかをお知らせください。

個人のお客様の場合

照会

見積もり

見積もりの確認

見積もりの承認

請求書発行

支払い

作業

納品

支払いは、オンライン又は日本の銀行振込をご利用いただけます。

選択された方法に従って、請求書と支払い情報をお送りします。

初回の個人クライアントの場合、作業を開始する前に支払いが必要です。 納期はご入金確認日より算出いたします。

リピートの個人クライアントの場合は、請求書による前払い又は納品後の後払いのオプションがあります。 請求書によるお支払いの場合、請求書の翌月の最終営業日までにお支払いいただきます(オンライン支払いは30日以内)。

お問い合わせには翌営業日中に回答いたします。

営業日は祝日を除く月曜日〜金曜日です。

営業時間は日本標準時9時〜17時です。

有難うございます! 始めましょう!

 

ライヤル クリス

英語コミュニケーションのフルタイムサポート

私は30年間フリーランス・エディターであり、過去20年間は日本でフルタイムのフリーランサーを務めています。 主要な翻訳会社、翻訳者、民間企業、個人との長期的な関係の中で、私は日本語から英語への何千もの翻訳や、日本語を母国語とする人が書いた英語の文書に取り組んできました。 私は通常、ビジネスドキュメント一件からウェブサイト全体まで、研究論文から入院手続きまで、年間300以上を請け負っています。

私は日本語から英語への翻訳のチェックと、日本語を母国語とする人による英語の執筆を専門としています。